銀継ぎ

photo_20160211

黒沼です。

購入して7〜8年くらい前になるだろうか・・・

長谷川 奈津さんの片口を購入した。

一度使って、洗って拭いて、振り向いてテーブルに置こうとした瞬間、

勢いがついたのかブーメランのように飛んでいってた。

スローモーションで、はっきりと割れる瞬間がを見た。

ショックだったなぁ。初めて作家さんの器を買ったのに。

4年くらい前になるだろうか・・・・・

会社の社長が、「継いであげるよ」と言ってくれたので、

嬉しくなって、預けたんです。が、

なかなか手元に戻ってこなくて、ようやく私のところに帰ってきました。

ちょっと長い期間だったけど、社長に感謝。

社長は漆にかぶれながらも、そして金にするか銀にするかと

いろいろこだわってくれたお陰で、長谷川 奈津さんの器が私の手元に。

長谷川 奈津さん、そして社長の想いのある器、

大切に、大切に、使って行きたいと思っています。

これからも片口さん、宜しくお願いします。


カテゴリー: りょうりは うつわが くわせる タグ: , , パーマリンク