トップページへ

vol.39 山田常山

玩物喪志 スタッフブログ|株式会社ドゥカンパニー »  » vol.39 山田常山

出光美術館、山田常山の展覧会を見た。
急須がこんなにも魅力的に見えたのは初めてだ!
小さな急須、1つひとつが精緻でその隙のないカタチには、
まさに命が宿っていた。


対照的に大きな「壷」たちの大胆で自由奔放、
荒々しい景色、圧倒的な存在感も衝撃的。

カタチの力を改めて感じた新鮮な体験だった。
yamada jouzan.jpg

« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ