トップページへ

vol.30 Exhibition あれこれ

玩物喪志 スタッフブログ|株式会社ドゥカンパニー »  » vol.30 Exhibition あれこれ

8日は午後から都内のギャラリー巡り。
先ずは、田園調布のギャラリー「いちょう」
武井春香展
〜手織と染の仕事・バッグとストール〜

武井DM.JPG













あれ、記憶に無い駅前の風景が広がる。
考えてみると田園調布の駅に降り立ったのは初めてだ!
「田園調布に家が建つ~」のなつかしいフレーズが口を吐く。
一気に話しがしらけたか........。


武井さんのバッグ
特に柿しぶ染めの大きなバッグは通勤で愛用中!
使い込むほどに程よい色の褪せ具合がお気に入りだ。
女性だけの楽しみにしておくのはもったいない。
武井さん.jpg


















以前、アトリエにお邪魔して柿しぶの染の様子を
拝見したことが..。
作品づくりに取り組む真摯な姿勢には
頭が下がります。




次は、目白の Gallery fuuro 
村木雄児 陶展」

特に印象に残ったのが、三島の大皿。黒地にダイナミックな文様が醸す
おおらかな印象に釘付けに........。普段、どうしても自分が使うことを前提に考え、
酒器に偏るのだが....。

昨年10月に新しい登り窯が完成して初釜となった村木さん。
つい最近に二度目の窯焚きがあったそうな。
三島.jpg
窯焚きには、予期せぬ事態は
つきもの、特に薪にはいろいろな
ことが起こるのだろう。
そんなトラブルも村木さんの好奇心が喜んでいるような話し振り...
深いですな......。

面倒見の良い村木さんは、多くの
若手の作家からも慕われ、窯焚きには
大勢の仲間が集まり、さながら祭りのような
楽しさとなるらしい。
直接にそんなお話を伺えるのも個展ならではの醍醐味。










いろいろな作り手のこだわりや情熱を肌で感じる貴重な時間。やはり外に出なければいけませんな。



« 前の記事へ

次の記事へ »

トップページへ