お着物と帯

photo_20150730

黒沼です。

今は亡き祖母から譲りうけた「着物」。

そして、「帯」は母から譲りうけたもの。

今まで、まったくといっていいほど興味のなかったものたち。

私が着に興味を持ち出してから、

母は嬉しそうに想い出を語ってくれる。

「着物」竹林を全体にほどこされた、夏の絽のお着物。

祖母は一度も袖を通してないという。

少し、袖が短いが、それを我慢すれば、お端折でどうにか着れそう。

「帯」なんともかわいい模様。

母が昔、何度か着けたようだけど、状態は良い。

受け継がれるというのはいいことだなぁ。

この猛暑、着る勇気がない。見た目は涼しげだけど、

着てる方は結構暑い。

帯の締めたところには、なんと汗疹。

でも、祖母のお着物にはこの夏にチャレンジしたいなぁ・・・

 

 


カテゴリー: りょうりは うつわが くわせる タグ: , パーマリンク